USJ WWO ハリー・ポッター 感想・雑感(アトラクション編1)

IMG_0717

行ってきました。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのウィザードリング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターです。

この記事で紹介するのは、以下2点です。ご興味のある方はご覧くださいね^^

  1. 敷地内アトラクションの感想(前編1・2 この記事と次の記事)
  2. 入場とか制限とかのあれこれ(後編1・2)

では、はじめます。

追記:思ったより長くなったので、分割します・・・・

スポンサーリンク

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーの感想

IMG_0720

オススメ度 ★★★★☆

純粋に良かったと思います。いちよ一番人気のアトラクションだそうなので期待してましたが、それに応える形だったのでとても満足しています。上記の写真は、待ち時間の際に撮影したインテリアの一つです。

最初に思ったのは、「すげー収容できるアトラクションだな・・」です。とにかく長い!何が長いかって、待機列の長さですよ!ディズニーの目玉アトラクションと同じかそれ以上の長さがあると思いました。

庭から入って、かなりグルグル・・そして・・・

IMG_0719

↑お城を眺めながら庭からお城へ歩いていって、お城の中にアトラクションがあります。私の場合は、「75分待ち」で突入しましたけど、おそらく300分以上の待ち時間まで想定された作りになっていたいので、そんなに苦にはなりませんでした。お城に入ってからは、動く絵とかダンブルドア先生の肖像とか色々あるので楽しんで待つ事ができます。お城に入れれば、あと30分ほどで乗れるんじゃないでしょうか。

いまいちな点

何故マイナス1点したかというと、「なんだかなぁ・・」という点が一箇所あったからです。それは、スバリ

ロッカーの導線がすこぶる悪い!

これです。といいますのは、結構派手目のアトラクションなので、例に漏れずロッカーに荷物を預けることを推奨されるのですが、そのロッカーが激混みなのです。今から、アトラクションに乗る人と、アトラクションを終えた人がごった返しになっていて阿鼻叫喚になっています。特に、これからアトラクションに入るひとは、整理券見たいのを持たさせれて、それで今から乗る人か、終わった人かを区別してるみたいでした。ロッカーがロクに空いてもいない上に、終わった人もいる・・・今からのひとは早く乗りたいので目が血走っているし・・でダメダメな導線でした。

今まで順番待ちをきちんとしてても、ロッカーでの動き一つですごく順番が変わってしまいますし、ロッカー1つに「入っても二人分」の荷物しか入らないので3人以上いると順番が狂う上に、はぐれて並んでしなう可能性とかもあると思います。

現に、小さい子供さんとか溢れてましたし整理券が床に落ちてたりしましたからね・・・

ロッカー周りの導線に問題があるかと思いました。うーんどうだろ・・前からも後ろからも開けれるロッカーにして、アトラクション前とアトラクション後にセクションを分ければ、不満は解消するのかと思ってみたりしました。(鍵は、デジタルになるし、そんなロッカーはコストに合わないかも・・)

良いと思った点

さすが、最新のアトラクションといった感じです。最近は、スターツアーズのような閉所用画面+短い距離の移動って流行っているんですかね。いやぁ、すごいなぁと・・。決めたれた敷地内の決められたスペースで最大限の顧客体験を提供する。素晴らしいことです。

ディズニーランドのスターツアーズとディズニーシーのインディージョーンズを組み合わせた感じでしょうか、バーチャル→リアル→バーチャル→リアルといった感じで目まぐるしく場面が展開していきます。実際に乗る椅子ですけど、足が宙に浮いてぶらぶらするタイプなので、前のめりにして、映像画面がやや前方下方面にあるとすごい迫力でバーチャルを体感できます。特に、バーチャルの画面も複数箇所設置されていて、お粗末ながら(※褒め言葉)ストーリー性ももたせてありますし結構濃密な時間を体験できます。

どういう風に管理してるんだろ・・・多分、すごい綿密に管理されてるんだろうなぁと。現代のアトラクションの流行を見ることができるので、オススメです。

ではつぎは、もう一つのアトラクションを・・・・と思いましたが・・長くなっちゃったのでフライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ™は次の記事に載せます!是非ご覧ください!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>