瀬戸の花嫁 感想・評価【Hulu アニメ おすすめ】

スポンサーリンク

総合的なオススメ度

ほんりゅう:★★☆☆☆

月見   :★★☆☆☆

視聴データ

2クール+オリジナルビデオアニメ2話

あらすじ

瀬戸内の祖母の実家に遊びに行った満潮家の一人息子・永澄は、海水浴中に溺れた所を人魚の少女・瀬戸燦に助けられたのだが、人魚にはある掟があった。それは「身内以外の人間に人魚の姿を見られた場合、どちらかが死ぬ、または人魚の正体を知った人間が人魚の身内となる」というもの。そのため、死ぬか身内になるかを選択した永澄と燦は結婚する事になる。しかし、それに反対する燦の父であり瀬戸内魚類連合「瀬戸内組」の組長・豪三郎や燦の護衛である巻き貝の巻は、それを阻止すべく永澄を抹殺せんと様々な攻撃を仕掛けてくる。そんな命懸けの日々を瀬戸内で過ごしている内に夏休みは終わり、永澄は燦と共に埼玉にある満潮家に帰ることになった。しかし、燦の事が気がかりで追ってきて、強引な方法で永澄の通う磯野第三中学校(アニメ版では磯野第八中学校)の関係者となった「瀬戸内組」の面々に、元々埼玉にいた人達は振り回されていく。
その後も、自称“燦の永遠のライバル”であり、人魚であるアイドル歌手・江戸前留奈が起こす、学校全体を巻き込んだ歌合戦やその後も続く一方的な燦に対する対抗心、燦に惚れ込んで転校して来た日本一の金持ちの子息・三河海が起こす、燦の結婚相手である永澄との相当被害額の大きいいがみ合い、陸で人魚が上手く人間社会に順応できているかを監視するために転校して来た役人・不知火明乃が起こす、人魚の正体を人間に見つからないようにするための人間達を巻き込んだ暴走劇、さらに現れる他の人魚達が磯野第三中学校に、また永澄と燦に波乱を巻き起こしてゆく。
出典:ウィキぺディア

感想・評価

視聴者:ほんりゅう(男)

感想

知らなかったですよ、これがギャグアニメだったとは・・そして原作が終わってない状態でのアニメ化だったとは・・・

でも、それらを差し引いても最低限のレベルは確保しているんじゃないかと思います。なんだかんだで全部観れたのもその証左でしょう。結局は1話完結型のギャグアニメで、たまに前後半があるくらい・・・途中中だるみしてたなぁ・・・

登場人物(キャラ)

政さんがやっぱり一番かなぁ。ギャグアニメではやっぱりキャラが命な部分もあるので、すべてのキャラの粒が揃ってた。ん〜甲乙つけがたい。

最後に一言

心の癒しを求めている方へ。全部一気に見るのは胸焼けするのでオススメしません。

 

視聴者:月見(女)

感想

なんか、全く違う物語だと思ってみたので・・・じゃあどんな物語だと思ったのかと言われれば、答えられませんが。

懐かしのギャグアニメ。こういう感じありましたね。熱いですよ。

近頃この手のギャグアニメ見かけないような。

登場人物(キャラ)

政さんがやっぱり一番かなぁ。ギャグアニメではやっぱりキャラが命な部分もあるので、すべてのキャラの粒が揃ってた。ん〜甲乙つけがたい。

最後に一言

任侠と書いて人魚と読むき!だそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>