うたわれるもの 感想・評価【Hulu アニメ おすすめ】

スポンサーリンク

総合的なオススメ度

ほんりゅう:★★★★☆

月見   :★★★☆☆

視聴データ

  • 2016年6月視聴
  • 全26話(2クール)

あらすじ

豊かな翠色に彩られた穏やかな気候の大陸。そこに暮らす種族は獣のような耳や尻尾、または大きな翼を背負う、ヒトとは似て非なる者たち……ある種族は強靭な肉体を誇り、またある種族は武術に長け、それぞれ種別できる特性があった。種はやがて部族となり、大小さまざまな國を成すに至っていた。

民は大神ウィツァルネミテアを崇め、その大いなる名のもとに、生から死に至るまで儀式を行う慣わし、日々感謝の祈りを捧げることを忘れない。ある大陸の北東に位置する辺境の地に、ヤマユラの集落がある。作物の育たない痩せた大地ゆえに民は貧しい生活を強いられながらも、辺境で生きる者ならではの屈強さで明るく和やかに暮らしていた。

そんなある日、もろい民家をなぎ倒すほどの激しく大地を揺さぶる地震が起きる。そのとき集落付近の森にいた少女エルルゥは、大怪我をして倒れていた男ハクオロと出会い、集落へ連れて帰り手厚く看護する。

灼けるような熱さと朦朧とした意識の中、少女の唄う子守唄が男の耳に木霊する。どこかで聴いたなつかしい唄声。男が目覚めた時……記憶は無に帰していた。失われた過去とこれから導く未来、そのふたつが交錯する物語が始まる……。

はじまりのうた……それは大いなる母に抱かれ、その末裔まで唄いつがれる永遠の子守唄……。

出典:wikipedia

感想・評価

視聴者:ほんりゅう(男)

かなり有名な作品なので、「名前」くらいはしってましたよ?知っていることは、もとがアダルトゲームで獣耳が出てくるくらいの知識。

Huluのアニメを物色していて「あなたへのオススメ」で出てきたので見始めたアニメです。

感想

「終盤熱めの後半追い上げ型のアニメ」という表現がしっくりくるかなぁ。序盤は、主人公の立身出世物語で主人公の出生は一切不明のまま物語が進行していく。茶番や色恋沙汰の話もまぁまぁの頻度で挟みつつ、登場してくるヒロインを一人づつ掘り下げていくパターンでした。

ここまでだと「最近の萌えアニメ」ですけど、この作品に心を打たれた部分は、終盤にくる「主人公の出生の秘密」と「世界観の説明」でした。自分自身、結構「作り込まれた世界観」とか「伏線丸投げ系」とかの作品好きですけど、「うたわれるもの」の世界観は想像以上に作り込まれていました。

最初の一回さらっとみただけでは、わかりづらいので2回見るか視聴後にwikiなどで背景を補完するとより面白く観れます。

登場人物(キャラ)

結構昔の作品なので絵は好みが分かれると思います。僕は好きですけど。

主人公の声優さんが「ジャックバウワー」と同じなので男の悲哀も感じられます。やっぱり力也さんには癒されるわぁ・・・・個人的な推しキャラは正ヒロインのエルルゥではなく「カルラ」ですね。酒豪キャラには弱いもんで・・

最後に一言

エヴァンゲリヲンが好きなひとならオススメします!我慢して終盤まで見てください、後悔しませんよ!

 

 

視聴者:月見(女)

以前から作品名は知っていたので、チャレンジしてみました。

感想

主人公が記憶喪失という始まりはよくある感じ。記憶がよみがえるとともに世界観が描かれるが、理解するのに少々苦労した。

正直まだ理解しきれていないのです。難しい話ではないのだが・・・続きがあるようなので、そちらで解消されるのかな?

登場人物(キャラ)

マスコットキャラのトラ(むっくる)がかわいい。

主人公以外の男性キャラがいまいちパッとしなかった印象。せっかく個性的にキャラ設定しているのだから、もう少し男性キャラの活躍場面も欲しかった!

最後に一言

戦国を舞台に描かれているように思っていたら・・・なるほどです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>